GX・脱炭素経営

長期的な利益とリスク管理のために。
企業の最適なGX・脱炭素経営を支援します。

自社のGXを
効果的に推進したい方

社会構造の変化に
リスクを感じる方

環境目標達成の
道筋が描けない方

ソリューション一覧

よくある質問

現状において一番のメリットは、経営リスクを低減できることです。

例えば、炭素税が導入された場合や、取引先から脱炭素商品が求められた場合、すぐに対応することは非常に困難です。前もって準備しておくことで、そのような制限に対応することができます。

また、近年では、環境経営によって利益を生む「攻めの環境経営」も目立つようになってきました。投資家対策による企業価値向上だけではなく、消費者訴求やマーケットでの差別化が可能となります。

効果がすぐにはわからないことです。

世の中で、完全な脱炭素を実現した組織はいまだ存在しません。また、脱炭素の目標は、2030年や2050年がターゲットとなる長期的な目線がほとんどです。そのため、計画遂行には大きな意思が必要であり、「やってるふり」でもすぐにはばれないことも事実です。

私たちは、このような問題に対応するために、LCAによる環境影響評価とサステナブル実証を通して、妥当かつリスクの少ないGXを支援しています。

LCAの専門性を持っていることと、最終目標を企業の利益としていることです。

大企業かつ製造にかかわる企業様からのご依頼が過半数を占めます。

ただし、スコープ3やカーボンフットプリントという言葉が話題となる通り、そのサプライチェーン内にいらっしゃる企業様からのご依頼も多く頂きます。

また、最近は、環境負荷がもともと高くないIT業界などでも、脱炭素やサステナブルにより企業価値向上を目指す目的でご依頼いただくことも増えております。